記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川の流れのように・・・[片平川と遊歩道(川崎市麻生区栗木・片平・上麻生)]

  受け入れて
せせらぎつなぎ大海へ



川崎市麻生区を縦断するように流れる片平川は、桐光学園校庭脇の同区栗木地先を水源としている。

桐光学園正面桐光学園正門付近の様子


DSCF1588.jpg  DSCF1591.jpg 
(左)桐光学園校庭脇、水源からの水路  (右)常念寺付近の曲がりくねった様子、川は暗渠となっている



 河川法の適用を受けない普通河川として北東に流れ出でて、浄土真宗・常念寺辺りから大きく屈曲し、上麻生蓮光寺線(神奈川県道・東京都道137号線)につき当たる麻生区栗木203で準用河川となる。普通河川区間は0.425km、準用河川区間が2.355km。遊歩道を歩いてみた。
   

 DSCF1562.jpg  DSCF1582.jpg
普通河川の終わりで準用河川の始まり。案内板表記法は、水源地側が漢字、137号側がひらがな
 
DSCF1594.jpg 
暗渠の終わり、準用河川吹き出し口の様子。左上隅に映るのは常念寺会館



 片平川は、いくつもの小川と合流しながら、小田急線柿生駅北口の柿生小学校付近で麻生川と合流するまでこの137号線通り沿いに流れていく。

DSCF1533.jpg  DSCF1546.jpg DSCF1539.jpg  DSCF1426.jpg

DSCF1552.jpg 片平川と麻生川の合流地点

 

 
 途中、神秘的なせせらぎがあった。

DSCF1531.jpg  DSCF1527.jpg DSCF1424.jpg  神秘な水源1 (1)



 人生は川の流れによくたとえられる。途中、急降下する段差もあればよどみもある。それでも、いくつもの水の流れを受け入れながら大海原へとたどり着く。
 片平川も麻生川、そして、鶴見川に合流し、やがて太平洋とをつなぐ東京湾へ注ぎ込む。片平川とその遊歩道が教えてくれたものは、歩いてこそ知れる自然からの訓えだったのかもしれない。
 遊歩道には、いつまでも川沿いにたたずみ続け人々の往来を招き入れてほしい。



神秘な水源1 (2)









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。