記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

奥の舗装道の先に・・・[修廣寺とそこへの緑道(川崎市麻生区片平)]

   合縁奇縁    その奥深さを知る 県道・都道3号線(世田道)と137号上麻生連光寺線が交わる柿生交差点を多摩方面に100m程進んだ右側の路地には、曹洞宗「修廣寺」へと続く道が気付く人々も少ないままに往来を待ち受けている。途中、川崎市の緑の保全地域「柿生緑地」を超えるためのやや急な階段があるものの、気軽な散歩道として利用できる足にも優しい舗装された細い道だ。  入口は、柿生小学校の向かいの一角にあり...

続きを読む

意向はどこに・・・[仲町遺跡(川崎市麻生区片平)]

  古代からのメッセージ  答えはきっと、 川面をなでる風の中に いくつもの川の流れにより形成された河岸段丘と小高い山とが繰り返し連なる多摩丘陵の一角、川崎市麻生区片平のひときわ高い丘には、川崎市の街区公園「片平中町公園」がある。街区公園とは、その地域に住む人たちが利用することを目的に、半径250mごとに一カ所、広さ0.25haを標準として整備されている公園のこと。 かつては「児童公園」とも呼ばれていた。 ...

続きを読む

それぞれに・・・[日枝社と神明社(横浜市瀬谷区本郷)]

  大同小異の「親子神社」      一筋街道がつなぐ大義 横浜市瀬谷区本郷の旧鎌倉道沿いには、二つの神社が、少し離れて斜に向き合う格好で建ち並んでいる。一つは日枝社で、伊弉諾命(いざなぎのみこと/神奈川県神社庁表記)と伊弉冊命(いざなみのみこと/同)をご祭神とし、もう一つは神明社(お伊勢宮)で、天照大神(あまてらすおおみかみ)を祭っている。日本書紀を繰れば、それぞれのご祭神は親と子にあたることがわか...

続きを読む

時空を超えて・・・[題目塔(川崎市麻生区上麻生)]

  言い知れぬ迫力  先人たちの魂、そして、   今を生きる人々を救う刻印 日本で初めて発見された甘柿種とされる禅寺丸柿の発祥地、川崎市麻生区。この地を走り抜ける小田急線の柿生駅南口から沿線に軒を連ねる中央商店街には、ほぼ中心部に日蓮宗の題目塔が建っている。寛政11(1799)年に、麻生、片平、奈良、能ケ谷、三輪、金井の六カ村に住む日蓮宗を信仰する人々によって建立されたという。 題目塔とは、Wikipedia...

続きを読む

片隅で・・・[深見神社の社号標(神奈川県大和市深見)]

  神社の格を伝えるため     そして、凛として立つ   相鉄本線大和駅から横浜駅に向かって一つ目の踏み切り越しに大和市立深見小学校側を見上げると、深見神社一番目の鳥居が目に留まる。    何か、異空間に吸い込まれそうな雰囲気をかもし出しているので歩を進めると、鳥居に向かってちょうど左脇にあたる境内の片隅には、その社号標が立っている。江戸時代前期の領主、坂本重治が建立したものと伝えられているが真...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。