FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

光と影の中・・・[深見城跡と天竺坂(大和市下鶴間)]

 ー PDCAサイクルは重要な考え方だが      振り返ってはいけない時もある   東京方面から国道246号を下り静岡方面へと向かう途中、神奈川県内の大和橋交差点を超えたすぐ左手では、鬱蒼とした木々が生い茂る小高い山が忙しく袖をすり合わせる私たちの動向を見守っている。ここにはかつて、深見城と呼ばれた城が築かれていた。国道246号大和橋交差点。常に車が行き交う大和橋交差点の隣、静岡方面から見た山王原東交...

続きを読む

幻想的な景色へ・・・[花咲町先の野毛山エリア(横浜市中区宮崎町)]

 ー亀たちが導く闇の世界で賽銭箱を開けてはならない 日本に初めて鉄道が敷設された当時の「横浜駅」は、今では、横浜市営地下鉄やJR線が行き来する「桜木町駅」と名称を変えた。その南1口から降りて、花咲町2丁目の路地を通り抜けた先の野毛山への中腹には、真言宗智山派の仏教寺院であり同派の大本山である成田山の「横浜別院」が建立されている。都会の喧騒と住宅街の閑静さが交錯する街並みを眺め、人々の安寧な暮らしを願っ...

続きを読む

古からの営み・・・[石神神社と平和の像(青梅市二俣尾)]

 気候変動への責任 人類へ重くのしかかる かつて、江戸と甲府を結ぶ甲州街道の裏道として往来を支えた青梅街道。当時の宿場町の一つである青梅市の二俣尾地区には石神神社が建立されている。ウィキペディアによると、祭神は盤長姫命(いわながひめのみこと)で、神体は丸石とされる。ここでは、10月の第2日曜に例祭として二俣尾獅子舞が行なわれるそう。 「石神さん」を訪ねてみた。 JR青梅線の石神前駅を降りると、どこか、...

続きを読む

川の流れのように・・・[片平川と遊歩道(川崎市麻生区栗木・片平・上麻生)]

  受け入れてせせらぎつなぎ大海へ 川崎市麻生区を縦断するように流れる片平川は、桐光学園校庭脇の同区栗木地先を水源としている。桐光学園正門付近の様子桐光学園校庭脇、水源からの水路   常念寺付近の暗渠となっている川の曲がりくねった様子 河川法の適用を受けない普通河川として北東に流れ出でて、浄土真宗・常念寺辺りから大きく屈曲し、上麻生蓮光寺線(神奈川県道・東京都道137号線)につき当たる麻生区栗木203で...

続きを読む

奥の舗装道の先に・・・[修廣寺とそこへの緑道(川崎市麻生区片平)]

   合縁奇縁    その奥深さを知る 県道・都道3号線(世田道)と137号上麻生連光寺線が交わる柿生交差点を多摩方面に100m程進んだ右側の路地には、曹洞宗「修廣寺」へと続く道が気付く人々も少ないままに往来を待ち受けている。途中、川崎市の緑の保全地域「柿生緑地」を超えるためのやや急な階段があるものの、気軽な散歩道として利用できる足にも優しい舗装された細い道だ。  入口は、柿生小学校の向かいの一角にあり...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。